P1010052.jpg

 昨日、梅風呂の「梅」を入替えました!
梅風呂??何の事やらわからないですよね。そればそのはず、「梅風呂」なんて聞いた事が無いですよね。
 昔から、若狭・三方五湖近辺では梅の栽培が盛んにされています。出荷量こそ、和歌山などの大きな産地には劣りますが、梅自体の質の良さでは日本でも有数のものです。その梅を使ったお風呂が『梅風呂』なのです!私の父が始めたものなのですが、実際にお客様にご提供させていただくまでにはいろいろな苦労をしたようです。その1つが「梅の比重」。最初はお湯に浮かべて、よくある「リンゴ風呂・レモン風呂」のようにする予定だったようどすが、梅は水に浮かばずに沈んでしまうのです。。。そこであみ出したのが、写真のようにタンクに梅を詰め、そこにお湯を通し、湯船に注ぐというものなのです。その名も「梅タワー」!男湯・女湯それぞれに150Kgの梅が入っているので合計300Kgの梅が使われています!青梅を冷凍庫で貯蔵し、年に4回入替えをするのです。300Kg×4=1200Kgですね!
 この梅の入替えを昨日行ったという事です。入替えた直後は特に香りが良く、ほんのり甘い香りのお風呂になっています!機会がありましたら是非入りに来てくださいね!お待ちしていますね!!

 ちなみに次の入替えは、6月後半の梅収獲時期になります。この時の梅入替えは、4回の入替えの中でも唯一もぎたての生の梅を入れますので、いつも以上に良い香がします!是非この時期にも梅風呂を楽しみにお越しください!お待ちしております!!